inVC

パンデミックにより、仕事のダイナミクスは一夜にして進化しなければならなかったため、リモートワークは多くの人々にとって夢から絶対的な現実へと変化しました。 在宅勤務は、一部の企業がとらなければならないニッチな決断から、世界中の人々の働き方における避けられない巨大な変化へと変化しました。 他のいくつかの要因とともに、これは私たちの永遠の働き方を確実に変えました、そして今、戻ることはありません。 特に周囲の環境が許せないときに自宅で仕事をすることは、非常にイライラし、生産性を妨げる可能性があります。 Covid-19の発生から得た最も重要な学習は、すべての作業を自宅からリモートで行うことでしたが、それを実装する際に直面する課題はまだたくさんあります。

1.コラボレーションとコミュニケーション

コミュニケーションはチームを強くするものです」-ブライアンマクレナン

同僚や同僚との効率的なコミュニケーションは、ユニークなビジネスアイデアのコラボレーションとブレインストーミングに不可欠です。 在宅勤務による距離を考えると、従業員間のコミュニケーションのギャップが広がり、効率的なコラボレーションが制限されています。

2.タイムゾーンの管理が難しい

あなたが別の大陸にいるとき、あなたの同僚と交流することは困難です。それは確かに、特に仮想的な関係を確立するために協力し、一緒に働くことを困難にします。 この特定の課題は、仮想会議プラットフォームであるinVCで克服できます。これにより、チームと即座にコラボレーションできるようになります。 効果的なプレゼンテーションを仮想的に行い、生産的なディスカッションを行い、ビジネスを後押しするためのユニークなアイデアを思いつくことができます。

  • 仕事に優先順位を付けることができない

さまざまな気晴らしがあり、自宅で仕事をしていると、家族や子供たちに気を取られて仕事を優先することが難しくなります。 それは働くための真の焦点と集中力を生み出すための環境を欠いています。

  • 従業員の訓練が難しい

在宅勤務は、マネージャーが新しく加わった従業員や同僚を訓練および教育することを非常に困難にし、会社の方針、文化、および働き方を学ぶことを困難にしました。 従業員がリモートで作業していると、困難に直面している人を特定することが難しくなります。

  • 接続バリア

強力なインターネット接続を持つことは、自宅で仕事をし、チームとの接続を維持するために不可欠ですが、リモートワークに関しては最大の障壁でもあります。 良好な接続がなければ、チームとのシームレスな仮想対話はほぼ不可能になります。

在宅勤務に関連する課題を克服する方法–

ほとんどのリモートワーカーは、技術プラットフォームを同僚との直接の仮想連絡の良い代替手段と見なしています。 Zippiaによると、テレワーカーの65%は、チームとの直感的な対面仮想結合を開発するための優れた代替手段として、ビデオ会議と即座に接続するプラットフォームを好みます。 不幸な状況にもかかわらず、多くの労働者は、毎日通勤する必要がないことによって得られる柔軟性と時間に好意を持っています。

出典: Statista

上記の課題を克服する方法は次のとおりです。inVCビデオ会議ソリューションを使用して、ビジネスの拡大に合わせて成長します。

  1. 効率的なコラボレーションとコミュニケーションを実現するinVCは、世界中の誰とでもビデオ会議をサポートし、チーム、クライアント、またはビジネスパートナーと即座に簡単にコラボレーションできるようにする他のいくつかの贅沢な機能を備えています。

効果的なプレゼンテーションを作成し、生産的なディスカッションを行い、ビジネス価値と収益性を高めるためのユニークで異なるアイデアを思いつくことができます。

  • 独自のWebRTCベースのソリューションを使用して、いつでもどこからでもビデオ会議をスケジュールすることにより、タイムゾーンの違いを管理し、最大限のセキュリティを確保しながら、チーム間の距離と時間の障壁を打ち破ります。

接続バリアやインターネットの可用性に悩まされることなく、実際の物理的な世界のように3次元のデジタル世界を作成します。 この完璧なビデオ会議ソリューションinVCを使用すると、ネットワークと帯域幅の接続性が低い場合でも、無敵の定性的な会議を体験できます。